とっても疲れたけどキャッシングしては余裕のある生活ができた

お金がピンチになってしまい、キャッシングをしてみました。そのキャッシングをした時の心境は、ちょっと複雑でした。お金を借りる前には、借りたらその借りたという実績が残ってしまいます。残ったら、社会的にも何かマイナスになるのではないかと思ったのです。面接の時にマイナスになり、人生にも何かマイナスなことになったら嫌だなと思いました。

 

そのキャッシングをした心境は、ハラハラしました。店舗に行く前には緊張で汗が出てしまいました。顔から汗が出ては、ハンカチで拭くのです。ハンカチで拭きながら歩き、階段を1歩1歩歩きます。その時にも緊張して、このまま帰ってしまおうかと考えたのです。階段を逆戻りして、そのまま家へと帰りたいと思いました。

 

でも、ここまで来たらやっぱりキャッシングはしないともったいないと思ったのです。キャッシングしたいし、でも緊張してるしで、本当に精神的に疲れてしまいました。店に入った途端にドッと疲れが出て、椅子に座った時には疲れて倒れそうでした。

 

でも、実際に借りたら、とってもスムーズにキャッシングができて驚きました。あの疲れが嘘のように、とっても軽い気持ちになったのでした。その軽い気持ちでお金をたった20分で借りれたので、本当に夢のようでした。

 

受け付けの人は同性でとても話しやすく、にこやかな雰囲気のまま借りることができました。手続きが分かりやすく、そこも驚きました。書類はたった紙1枚だけというのも驚きです。もっと何十枚も目を通してはキャッシングを手続きをするのかと思ったのです。

 

それがなく、本当に驚くほどに早い手続き方法で、また借りたいなと思いました。まったく怖いというイメージがなく、とってもスムーズに気軽に明るい店内でしたから、本当に気軽に借りれました。精神的にも元気が出て、もっとお金を借りて有意義な生活をしたいなと思いました。

 

節約ばかりしては毎日が豊かに生活ができませんでした。そんな私の気持ちを明るくして、余裕がある気持ちにさせてくれたこのキャッシングが本当に便利だなと思いました。

 

30代 プロミス